ホーム » 小説 » 小説/か行 » 危険な関係(C.D. ラクロ)

610 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/24(日) 20:59:02.06
本編と前提が別ってので古い小説を思い出した。

「紳士淑女が堕落しないために、悪人たちの手口をここに公表する」
という口上で発表された恋愛小説なんだけど、
作中で色男が次から次へと女を口説いて誘惑して時には騙して手に入れて、
また美人悪女も奔放の限りを尽くして人生堪能している。

敬虔な未亡人も純情な女の子もみなあの手この手で騙されていき、
その手口がこれでもかと生き生きと描かれている。
明らかに作者、DQN側の描写に力入れていて前提がただの建前にしか聞こえないw
時代が古いので、そうでもしなければ発表できなかったのかもしれないけど。


611 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/24(日) 21:30:34.96
>>610
もしや西欧で二回、韓国で一回映画化された書簡体小説ではありますまいか。

クライム・ダズント・ペイというエクスキューズがないと悪を描けなかった牧歌的な時代なんだ、きっと。

 

危険な関係 (角川文庫)
危険な関係 (角川文庫)
危険な関係 [DVD](映画)
危険な関係 [DVD](映画)
子爵ヴァルモン 危険な関係 1 (フラワーコミックスα)(全2巻)(漫画)
子爵ヴァルモン 危険な関係 1
(フラワーコミックスα)(全2巻)(漫画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...