ホーム » 小説 » 小説/か行 » 怪物(ロバート・シェクリイ)

311 名前:1/2 :2012/07/20(金) 12:52:52.18
クリフォード・シマック「怪物」

とある異星に地球の探査船が到着し、どうにか言葉が通じるようになる。
異星の住民は、
地球人は道義を心得ているだろうか?尻尾を持たぬおぞましい姿は、おぞましい本性を現しているのではないか?
と、激しく議論する。議論の過程で死人が出る。

異星人には、当然ながら地球人とは違った生理と文化があった。

未婚の女性は「宿舎」で集団生活を送り、結婚した女性が産んだタマゴを孵し、育て、結婚する日を夢見る。
男性は宿舎から妻になる女性を選び、25日経ったら妻を殺す。
そしてまた宿舎で女性を選ぶ。以下無限ループ。

地球人が到着して25日目、女性クルーがまだ生きているので、異星人は気を利かせて女性クルーを殺してやる。
地球人、大パニック。異星人を殺し、小型艇で探査船に逃げ帰る。

異星人も大パニック。
あいつら女を殺さないらしいぞ!
尻尾のないおぞましい怪物は、やはりおぞましい風習を持っている!
あいつら、俺達の邪魔はしないと言っていたくせに、殺人を犯した。嘘をついたんだ!
パニックは無名の存在、すなわち宿舎の未婚女性にまで拡がった。


312 名前:2/2 :2012/07/20(金) 12:53:54.05
未婚女性の一人が叫ぶ。
「嘘つきを殺せ!不道徳な奴らを殺せ!」
「あたしたち女性の望みはただ一つ、宿舎でひたすら品行方正な生活を送ることよ!」
「そうして夢のようなプロポーズ、法悦の25日間が訪れる!」
「あの嘘つきどもは、正しい生活を破壊してしまう!あたしたちを奴らと同じ、怪物に変えてしまうのよ!」

激昂した女たちは、崖下の探査船目掛けて大岩をいくつも落とす。
壊れかけの探査船はどうにか飛び立った。

戦いが終わると、女だけでなく男も随分死んでいた。
適正な人口比に戻すため、結婚を25日より短くする提案が出され、宿舎の女たちは喜ぶ。終わり。


313 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/20(金) 15:28:29.82
その方式だと人口減っちゃわない?

314 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/20(金) 16:00:34.86
一人しか生まないんだもんなあ

315 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/20(金) 16:11:19.44
多産がデフォなんじゃね?

316 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/20(金) 16:41:46.65
タマゴだしね。

317 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/20(金) 18:14:57.60
カマキリの卵みたいに一つからわさわさ生まれるとか

 

人間の手がまだ触れない (ハヤカワ文庫SF)
人間の手がまだ触れない (ハヤカワ文庫SF)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...