ホーム » 小説 » その他書籍 » WORLD JC/女性バックパッカーの体験談

826 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/28(日) 08:27:17.98
WORLD JCというフリーペーパーに連載された女性バックパッカーの体験談
アフリカのある国の部族にもてなされて、ある少年とも仲良くなった
食事をする時も料理を手で掴んで相手に食べさせるのが友好の証なんだとかで
お互いそうするほど仲よく成ったらしい
ある日、その少年から学費や教科書代を提供してほしいとお願いされ
たいそうショックを受けたそうな
筆者曰く「私はあくまでも友人として触れ合ってきたのに
向こうはそうではなかったのか
もうここから離れよう」
いや、その少年にしたら裕福な外国人女性が来たら
何か施しを得ようと考えて当然だろう
筆者本人は貧乏旅行で現地と対等に触れ合いながらさすらってる気分なんだろうな

文章が分かりにくかったらスミマセン


827 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/28(日) 08:35:40.85
>>826解りやすかったよ。
その少年や部族にしたら、施しをうけるために、其処までしたのにぃって後味悪いな。
女も気付けってやつだな。
結局、触れ合いとか分かり合うとか言っても自分本意なんだなぁ

831 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/28(日) 11:47:00.69
施しを受けるためにそこまでしたなら
最初からお金欲しいと言えばいいじゃん

本意を隠して情にかこつけて相手に物をねだるのは詐欺師のやる事だ


833 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/28(日) 12:24:47.18
>>831
同じ日本の中ならそうだけどさ
アフリカの貧しい集落に裕福な外国人が来たら
期待してしまうのは当然だよ

834 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/28(日) 12:44:20.68
本意を隠すとかいう話じゃないんじゃないかな
金銭の施しを潔しとしないとか、純粋でないとか、卑しいと考えてしまうのは
飽くまでもそういう社会通念で生きているからでは?
ある社会では持てるものが持たざるものに、持っているものを融通しあうというのが当たり前なのかもしれない
バックパッカーを受け入れて、出来る限りのことをしてもてなして、
彼女は望んだ未知の文化に直に触れてお金じゃ買えない経験したんだし、
それと同じように彼女が持っていて、自分の欲しいものを分けてほしいと頼んだだけな気もする
それがお金であっただけ
それで勝手にガッカリするとか、おめでたいし、思い上がってる気がする
そういう部分では後味悪い

837 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/28(日) 12:54:59.59
バックパッカーはアフリカの人にお金払ってもてなしてもらってたんだろうか?

838 名前:826 :2012/10/28(日) 13:21:20.43
このモヤっとした後味の悪さを分かってくださり
ありがとうございます
実際彼女がおもてなしに対する見返り(金銭)を
どのようにしていたか分からないのであまり悪くは言えない部分もあります

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...