ホーム » 小説 » 小説/な行 » 長き雨の烙印(堂場瞬一)

2151/5:2012/12/17(月) 15:51:40.55
堂場瞬一「長き雨の烙印」

ある地方都市で、幼女が意識不明の状態で発見される。
その手口は、20年前にあった幼女殺害事件とよく似ていた。
容疑者は少し前に別件逮捕された男と断定される。
事件を担当したベテラン刑事はそれで捜査を打ち切ってしまった。
しかし、主人公の若い刑事はそれが納得いかない。刑事は相棒と秘密裏に捜査を行う。


2162/5:2012/12/17(月) 15:55:29.16
20年前。
幼女が殺害され、刑事の友人が容疑者として逮捕されてしまった。
それ以来、刑事は友人を救えなかったことが負い目になっていた。
(ちなみに、友人を逮捕したのは当時若手だったベテラン刑事)
そして、今回の事件で容疑者とされたのが、その友人だったのだ。

217 3/5:2012/12/17(月) 15:58:04.24
その後証拠不十分で釈放された友人は
支援者(友人は20年前の事件は冤罪だとして再審請求の準備をしていた)が用意してくれたアパートに身を隠していた。
しかし、そこは車屋をやっている男によって監視されていた。
車屋の男は、20年前の事件で娘を殺害されていた。それ以来、友人に復讐する機会をうかがっていたのだ。

218 4/5:2012/12/17(月) 16:01:02.41
刑事の独自の捜査で、友人の実家から友人の兄(数年前病死)の遺書が出てきた。
遺書には、20年前の事件の真犯人は自分だと書いてあった。

同じ頃、友人は記者会見を開きたいという。支援者は困惑するが、結局押し切られた。
それを知った車屋は、友人を狙撃する。
友人は植物状態になってしまい、以前から心臓病を患っていた車屋は発作を起こし死亡。捜査は振り出しに戻る。


219 5/5:2012/12/17(月) 16:03:43.54
そこへ、冒頭の幼女が意識を取り戻したとの知らせが入る。
刑事、相棒、ベテラン刑事は病院へ行き、幼女に事情をきこうとする。
しかし、突然幼女が泣き出した。幼女の視線の先にいたのは、ベテラン刑事だった。

つまり、20年前の事件も今回の事件も友人は無関係だったのだ。

冤罪で服役し、やっと出所したと思ったら撃たれて植物状態になってしまった友人が可哀想である。

 

長き雨の烙印 (中公文庫)
長き雨の烙印 (中公文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...