ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » まっくろヒヨコ(ラスカル)

82本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 12:47:41.41
図書館の児童書コーナーにあった絵本「まっくろひよこ」

大量の黄色いヒヨコに交じって一羽だけ真っ黒なヒヨコが、
自分の本当の親を探して黒い動物を訪ね歩くという話。

黒ヤギだの黒猫だの黒豚だのの所へ行って
あなたは僕のパパとママですか?って聞くけど当然返事はNO。
黒ヒヨコが疲れ果てた頃、夕暮れ近い森の方に黒いシルエットが二つ。
今度こそ本当のパパとママだ!と掛け出す黒ヒヨコを待ち構えるのは、
ナイフとフォークを隠し持った二頭の黒い狼。
「待ってたよ坊や、こっちへおいで」みたいな台詞でエンド。

可愛らしいイラストだけど、内容は明らかにブラックユーモアというか
いい大人に読ませるための絵本。
表紙の可愛いヒヨコにつられて読んだ妹が泣いた。


83本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 18:09:49.10
ひよこ…(´;ω;`)
そして然り気にひよこ食べないんだね黒猫さんw

 

まっくろヒヨコ (世界の絵本)
まっくろヒヨコ (世界の絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...