ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 白バラはどこに(クリストフ・ガラーツ)

117本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 22:33:57.64
ドイツの絵本「白バラはどこに」

舞台は第二次世界大戦中のドイツ。
「白バラ」という意味の名前を持つ少女はある日、
自分には微笑みウィンクしてくれたドイツ兵が、
戦車から逃げ出した一人の男の子を捕まえる光景を目にする。

戦車のあとを追い、ユダヤ人の収容所にたどり着いた白バラ。
鉄柵からこちらを見るユダヤの子どもたちにパンをあげると、
子どもたちは飢えているのか一生懸命食べ始めた。

かわいそうに思った白バラは、自分の家から食料を持ち出し、
カバンにぎゅうぎゅうに詰めてユダヤ人収容所へ向かい、
毎日子どもたちに食べさせてあげていた。
白バラの母親は、彼女があまり食べないのに、
家の食料が減っていくことに疑問を抱いていはいたものの、
面と向かって娘を問い詰めることはなく、日々が過ぎていった。


118本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 22:36:28.53
ある日、白バラは今日も食料をカバンに詰めて、収容所へ向かった。
しかし、収容所は破壊され、鉄柵もバラバラになり、
ユダヤ人の子どもたちはいなかった。
座り込み、鉄柵があったところを見つめる白バラを、
木々の間から銃口が狙っていた。

実は、ドイツは連合軍に降伏していた。
白バラは、ドイツ兵と間違われた連合軍の兵士に、
木々の間から撃たれ死んでしまう。

戦争は終わった。
だが白バラの母は、彼女が死んだことを知らずに、
白バラの帰りを待ち続けている。

唯一の救いは、
白バラが食料をあげ続けたユダヤの子どもたちは、
おそらく連合軍に解放されたであろうという部分くらいか


124 本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 13:56:34.15
>>117
ドイツ兵に間違われるとかどんだけゴツイ少女なんだよ

127 本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 14:39:24.27
>>124
連合軍も新兵だらけですぜ。
敵の影にビビって誤射という事も十分ありえる。

 

白バラはどこに (詩人が贈る絵本)
白バラはどこに (詩人が贈る絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...