ホーム » 小説 » その他書籍 » 恐怖体験談の本

625本当にあった怖い名無し:2013/05/12(日) 10:04:28.22
うろ覚えなんだけど、今から20年前位?に読んだ、恐怖体験談の本。
体験者に取材し、語って貰った話を文字にして出版、というよくある形式。

その体験談の一つで、体験者のA子さんが恐山に旅行して、
婆さんの霊を連れ帰ってしまった…という話。
体験者A子さん「顔の潰れた婆さんが今だに自宅に出て来るよ!マジ怖えええ!!」
という、よくある話だったんだけど。ラストに

[※編集者注:この取材の半年後、A子さんは恐山で自殺しました。遺書はありませんでした。]

…との一文。
取材後に何があったのかと考えるのも怖いし、取材スタッフも相当後味悪いだろうな~と思った。


628本当にあった怖い名無し:2013/05/13(月) 05:19:42.71
>>625
怖すぎるよー
注意書き、いらないのに!

631 本当にあった怖い名無し:2013/05/13(月) 09:01:30.99
>>625
編集者は「ネタが増えた」と喜ぶだけだろ。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...