ホーム » 小説 » 小説/な行 » 夏の葬列(山川方夫)

666本当にあった怖い名無し:2013/05/15(水) 23:00:04.51
主人公がたまたま仕事で故郷にやってくると葬列を見かけた
それは主人公のよく知る人物によく似ていた

戦時中のこと、主人公に親切にしてくれるお姉さん的存在の女性がいた
ある日主人公がひとりでいる時に敵軍の飛行機がやってきた
とっさに身を屈めた時、その女の子が主人公を庇うように覆い被さってきた
しかし女の子は真っ白なワンピースを着ていて、上空からはかなり目立つ
主人公は思わず女の子を突き飛ばしたが、女の子はそのまま蜂の巣にされてしまった

女の子を殺したのは自分だと、今まで自分を責めていた
しかし時を経てその女の子によく似た女性の葬列を見かけた
女の子はあの時に死なずに今まで生きていたんだ、
つまり自分の責任ではないのだと内心喜んだ主人公
気のゆるみが主人公を調子に乗る言動をさせる
「このおばさん、まだ若いのになんで死んだの?病気か事故?」
葬列に参加していた子供に話し掛けた
「ううん、自殺だよ」
「へぇ、じゃあ失恋か何か?」
すると子供が答えた
「昔、戦争でひとり娘を敵軍に殺されて、それから今まで気が狂っていて自殺したんだ
 写真はまだ若いけどお婆さんだよ、まともだった昔の写真しかなかっただけ」

つまりかつての主人公の行動によって女の子は亡くなり、
そのお母さんを狂わせて自殺させてしまったのだ

昔中学の教科書にあった話なのに、後味悪い話すぎて25年経っても忘れられない


668本当にあった怖い名無し:2013/05/15(水) 23:05:03.88
>>666
山川方夫「夏の葬列」

 

夏の葬列 (集英社文庫)
夏の葬列 (集英社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...