ホーム » 体験談 » その他体験談 » 復員

236本当にあった怖い名無し:2013/06/08(土) 22:14:01.88
自分が住んでいる土地は代々の土地持ち農家が多いが、
その中のA家の戦後話が切ない。

戦時中、この辺でも多くの若い男が赤紙(収集令状)でとられ
A家でも長男次男のうち、長男に赤紙が来た。
当時、長男は結婚したばかりで新妻の妊娠が判ったところだったが
否応もなく出征する事に。

戦地の状況は悲惨を極め、所属先の隊は全滅の憂き目に遇い
奇跡的に九死に一生を得たものの捕虜となり
帰国が叶ったのは戦後数年を過ぎていた。

栄養不良で半死半生のボロボロの状態で、やっとの思いで家に辿り着いたら
年老いたご両親は泣いて喜んだものの、微妙な雰囲気。

聞けば、かなり早い段階で長男の「戦死」の公報が届いていて
両親はまだお腹にいる「長男の忘れ形見」の孫を手元に残すため
失意で呆然自失の長男妻に因果を含めて
そのまま次男と無理矢理に再婚させてしまっていた。

今では夫婦仲も良く、産まれた息子は次男を実の父親同様に懐いていて
下に弟と妹も産まれ、穏やかに幸せに暮らしていると聞かされて
長男は黙って、汚れた復員服のポケットから出征時に撮った
家族写真(本人、次男、妻、両親)を畳に置くと、そのまま出ていってしまったとか。

ご両親も混乱していて引き留める事も出来ずに
結局、長男からその後に何の連絡もなくて
どこでどうしているのか、生死も判らないままだとか。


620本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 22:06:54.82
>>236
今更レスして申し訳ないが、気になったので…
10年ほど昔にテレビで取材されていた老齢ホームレスじゃないか?それ
状況がそっくりなんだが
そうした理由で戸籍上では名誉の戦死を遂げた事になっていて
戸籍のない身で各地をさ迷っていたようだが
まぁ、年齢的にもう亡くなっているかもしれんが
だったら後味悪いな

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...