ホーム » 小説 » 小説/た行 » 天国への階段(白川道)

489本当にあった怖い名無し:2013/09/06(金) 20:09:41.37
小説「天国への階段」
昔に読んだだけで違っていたらすまん

主人公は北海道の零細牧場の生まれ。
幼なじみのヒロインAとは恋人同士だったが、主人公父がA父に騙され牧場を売り飛ばされ
主人公一家はA一家が経営する大牧場の隅っこで細々暮らすはめになり、二人は別れる。
そしてAは金持ちの男に嫁ぎ上京し、やがて主人公父も亡くなり主人公は復讐を誓う。

時は経ち約20年後。
社会的に成功した主人公はヒロインの娘(大学生くらい?)に近付き
娘はかっこよくて素敵な主人公にマジ惚れしてしまう。
ヒロインと夫は一見仲睦まじい夫婦だが、実はヒロインは今でも主人公を想っており
父の暴挙を食い止められなかった事を後悔していた。
さらに娘は本当は主人公との間にできた子。

夫は主人公とヒロイン視点では二人の仲を裂いた悪役だが、作中特に悪いことはしていなかった。
それなのに主人公の復讐で実は長年寄り添った妻がまったく自分を愛していなかった上に
今でも元彼の主人公を愛していて愛娘すらその男の娘、
さらに最後は主人公によって社会的に抹殺されて踏んだり蹴ったり。
本来復讐すべき相手はヒロイン父だろうに、全く主人公にもヒロインにも感情移入できなかった。


492本当にあった怖い名無し:2013/09/06(金) 20:51:44.75
Aの夫は娘が自分の子供じゃないことくらいわからんもんなのかね
わからんってことは夫と深い仲になってる時点では
まだ主人公とも関係があったってことか
Aは親娘そろってゴミクズだな

Aの夫も夫で金持ちなんだったら結婚前に興信所使って
ある程度はAの素性を調べさせておけばよかったのにな
それを怠ったから巻き添えくらっちゃったわけだ


493 本当にあった怖い名無し:2013/09/06(金) 20:59:01.40
DNA鑑定のない時代は、男のほうには分からないケース多々あるよ。
特に妻が最初から騙すつもりだった場合はね。

ま、とりあえずAは人間として完全に終わってる。
好きな相手が貧しくなったら手のひら返すくせにその子供だけは託卵、
金持ち捕まえて不自由なく暮らしておいて、その金持ちが破滅したら乗り換え?

家庭板あたりだったらフルボッコされるタイプだろこれ。
こんなのに取り込まれてる主人公も、幸せになれるとは思えんなあ。

 

天国への階段〈上〉 (幻冬舎文庫)
天国への階段〈上〉
(幻冬舎文庫)
天国への階段〈中〉 (幻冬舎文庫)
天国への階段〈中〉
(幻冬舎文庫)
天国への階段〈下〉 (幻冬舎文庫)
天国への階段〈下〉
(幻冬舎文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...