ホーム » 小説 » 小説/は行 » 不満(星新一)

361本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 21:01:24.99
星新一のショートショート『不満』

『畜生、俺がなにをしたっていうんだ。やめろ、やめてくれ。』
そんな言葉も聞いてくれるはずもなく、彼はロケットの中に無理やり押し込まれた。

大気圏を通過した頃だろうか、彼の体はカチカチに固まってしまった。
『畜生、奴らめ…畜生、畜生。』

彼は目を覚ました。
見なれない部屋にいた。
(ここはどこだ)
(ここはとある星の研究所です)
話を聞けば、どうやら言葉は通じないが、
頭に思い浮かべた言葉を翻訳し
相手の脳に送り込む装置を取り付けられているらしい。

しかし彼にはそんなことはどうでもよく、
奴らへの復讐をただただ考えていた。


364本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 21:12:52.44
それを察してくれたのか、
研究所の人たちはどこの星から来たのかと聞いてきた。
彼は 地球から来た と答えた。
そして
『そこの奴らはとんでもないやつです。』
『もしかするとあなた方の星も滅亡させてしまいかも。』
と言った。

しかし研究員は、
『そんなことはありえません。我々の技術はあなた方の遥か上をいっています。
 あなた方に滅ぼされることはまずないでしょう。』
と言った。

彼は
『でもまわりの星を侵略しようとしているのを私は知っています。』
『ですから地球は一度滅亡しなければならない星なのです』
と言った。

研究員は
『そこまで自分の星を嫌う人を見たことがありません。いいでしょう。
 我々の技術を使ってミサイルを作ります。しかし我々は準備をするだけです。
 発射のスイッチはあなたが押してください…』
彼は迷うことなくスイッチを押した。

…どうだ思い知ったか。私を猿だと言ってバカにし続けた、 人 間 ど も め …


367 本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 21:54:16.18
仲間の猿も死んじゃうのにね

370 本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 22:06:58.55
猿だと言ってとか言われても
猿じゃん

371 本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 22:12:24.60
>>361
この作品、NHKで星新一の作品アニメ化された時も
ミスリード誘うように演出してあったな

おかげでオチを知ったときだいぶ気味が悪かった

 

ようこそ地球さん (新潮文庫)
ようこそ地球さん (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...