ホーム » 小説 » 小説/わ行 » ワーニカ(チェーホフ)

237本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 21:35:38.52
ロシアの作家、チェーホフの短編『ワーニカ』

モスクワの靴屋で丁稚奉公をしている9歳の少年、ワーニカが主人公。
彼は両親のいない孤児で、頼れる親戚は田舎に住むおじいちゃんだけである。

靴屋での扱いは酷いもので、親方にはしじゅう怒鳴られ、
ろくな食事も与えられず、硬いパンや残飯を少し貰えるだけで
寒いモスクワなのに、シチューやスープも飲ませてもらえない。
ちょっと失敗しただけでも酷くぶん殴られ、
職人にも馬鹿にされ、玄関の土間で寝かされている。

おじいちゃんは、田舎の地主のお屋敷で働く下男である。
同じ屋敷で小間使いをしていた母は、三ヶ月前に病気で死んだ。
残されたワーニカは、厄介払いのようにモスクワに丁稚奉公に出されたのだ。
(チェーホフはあえて書いていないが、父親の描写が出ない事から、
 ワーニカは地主が小間使いに手をつけて産ませた子供だと推測される)

「お願いです、おじいちゃん。僕を助けに来て下さい。
 このままだと、僕は死んでしまうもの」
ワーチカは三ヶ月間耐えぬくが、我慢できずに
ある夜、おじいちゃんに手紙を書き、
なけなしの1カペイカ硬貨で買った封筒に入れた。

ワーニカはちょっと考えた末に、
『コンスタンチン・マカールイチさま』と祖父の名前を書いた。
というのも、郵便馬車の御者が彼に言っていたのだ。
手紙をポストに入れさえすれば、世界中どこにも手紙が届くのだと。


238本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 21:41:46.75
しかし『コンスタンチン』はファーストネームを、
『マカールイチ』は父称であり、祖父の本名ではない。
おまけに幼いワーニカは屋敷の住所を知らない。
住所も宛名も正確ではない手紙が届くはずはないのだが、
ワーニカは安心しきって眠ってしまう。

夢の中では、ペチカに腰掛けた祖父が、手紙をメイドに読んで聞かせていた。
せめて夢の中では幸せにしてやろうとチェーホフは思ったんだろうが、
この後のワーニカを思うと、何ともやり切れないエンドだった。


240 本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 22:44:18.20
>>238
マッチ売りの少女のようだ・・・切ない

 

馬のような名字 チェーホフ傑作選 (河出文庫)
馬のような名字 チェーホフ傑作選
(河出文庫)
子どもたち・曠野 他十篇 (岩波文庫)
子どもたち・曠野 他十篇
(岩波文庫)
新訳 チェーホフ短篇集
新訳 チェーホフ短篇集


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...