ホーム » 小説 » 小説/は行 » ぼっけえ、きょうてえ(岩井志麻子)

648本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 14:29:02.48
岩井志磨子「ぼっけえ、きょうてえ」の挿話

ある女郎、女将のダイヤの指輪を盗む。
仲良しの頭の弱い朋輩が疑われ折檻されたが、
犯人じゃないから白状しようもなく、とうとう殺された。
彼女も折檻に加わった。
(ウム、お前は友達と思っていた女郎に裏切られ
濡れ衣をきせられて殺されたのであるな。まことに気の毒である)
と、あの世で閻魔様に同情されて極楽に行けますように…と思ったので。

彼女は女郎になってよかったと思っている。
理由はオカイチョウ(御開帳)ができるから。
ひもじい時にはオカイチョウよりマシと思い、
オカイチョウの時にはひもじいよりマシと思えるから。

 

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
ぼっけえ、きょうてえ
(角川ホラー文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...