ホーム » 小説 » その他書籍 » 福祉の貧困を嘆く

304 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/08/19 23:52
あるところに15,6歳の知的障害の娘と母親がいた。
父親は居ず、多動傾向もある娘の世話に母親はへとへとになって倒れる寸前。
見かねた周囲の人たちが、娘を施設のショートステイに預け、
しばらく骨休めをしてみてはどうかと、母親にすすめた。
母親はそれを受け入れ、娘を産んで以来、初めてゆっくり寝られるようになった。
これで済めばただの美談だったのだが…
平穏に過ごせる日の幸せを知った母親は、もう娘の面倒を見るのは嫌だといいだした。
そして娘は、預けた施設が悪かったのか、大小便は垂れ流し、人前で素っ裸になる、
奇声を上げるなど症状が悪化して戻ってきた。
母親は完全に拒否反応を示し、この娘の面倒を見る人は誰もいなくなった…。

雑誌の「福祉の貧困を嘆く」みたいな記事に載ってた実話。
この母娘がどうなったのか、書かれていなかった。
誰も悪くないのに…


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...