ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その15 » ゲゲゲの鬼太郎(水木しげる)

536 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/01/03 15:18
漏れの記憶では、
鬼太郎夜話だったかもしれないけど他にも

鬼太郎一味が子供の魂を食おうとする話
(草野球で勝ったらお前の魂をいただくとか何とか)

鬼太郎が金欲しさに人魚の子供を食用として人間に売ろうとする話
(鬼太郎が「ぼろい!(商売だ)」と叫ぶ)

なんてのがあったと思う。
水木先生的にはこっちがオリジナルみたいなんで、
ワロタつうかなんつうか……。


540 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/01/03 20:06
>>536
前者がおばけナイター、後者がさざえ鬼だと思う。
「ぼろい!」は夜話だけど。人魚を売っていたのは妖怪が化けた偽者だった。

鬼太郎で後味悪かったのは「妖怪獣」だな。鬼太郎が日本征服を企む強敵と戦って、
最終的には肉体が液状になってしまうほどの苦戦を強いられるんだが、
鬼太郎に頼っていた政府は、鬼太郎がやられそうになったところを見た時点で撤退。
その後米軍が妖怪を撃退したと思い込んで、事件解決後に鬼太郎を無能呼ばわりする。
実は、鬼太郎は液状になった後も戦い続けて勝利していたし、
米軍の攻撃で妖怪が撃退されたように見えたのも、
たまたま同時刻に目玉親父達が妖怪の本拠地を封印したからなんだが。
「虫けらだけがおいらたちのことをわかってくれてるんだな・・・・」とか
呟きながら切なく終了してた。


543 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/01/03 23:51
>>540の妖怪獣、
たしか米軍が妖怪獣に向かって原爆ぶっぱなしてたような。
読んだ時は子供心においおいって思ったよ……。

542 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/01/03 23:45
ヤカンズルの話も後味ワルー
うろ覚えだが
鬼太郎が強敵と戦って勝てないと踏んだので
何でも吸い込む最強の妖怪ヤカンズルの封印を解く。
強敵は吸い込まれ円満終了と思いきや
ヤカンズルはその後も街の全てを飲み込んでいく。
責任を取るため鬼太郎と親父が吸い込まれる。
封印をといた者を吸い込んだヤカンズルは再び眠りにつく。
みたいな感じでした。

544 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/01/04 01:25
そういやそうだな。鬼太郎って元々そういうモヤモヤした話だね。
ウンコになったりしてたもんね。

 

ゲゲゲの鬼太郎 1 鬼太郎の誕生 (中公文庫 コミック版)(全9巻)
ゲゲゲの鬼太郎 1 鬼太郎の誕生
(中公文庫 コミック版)(全9巻)
少年マガジン/オリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎(1) (講談社漫画文庫)(全5巻)
少年マガジン/オリジナル版
ゲゲゲの鬼太郎(1)
(講談社漫画文庫)(全5巻)
ゲゲゲの鬼太郎1968DVD-BOX ゲゲゲBOX60's (完全予約限定生産)
ゲゲゲの鬼太郎1968DVD-BOX
ゲゲゲBOX60's (完全予約限定生産)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...