ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 愛しき者はすべて去りゆく(デニス・レヘイン)

127 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/01/31 15:27:59
ミスティック・リバーの作者の『愛しき者はすべて去りゆく』も後味が悪い。
誘拐された幼児を探し出して親元に帰す話なんだけど、
子供の実母はかなりネグレクト気味であまりいい親じゃない。
それに対して、誘拐犯は子供をよく面倒見れる理想的な夫婦なわけ。
こっそり観察すると子供も新しい家庭に馴染んで幸せそう。
実母の所に帰るより、このままのほうが愛情を受けて成長できそう。

どうすればいいのかと主人公たちは混乱し、
このまま子供と誘拐犯を見過ごすべきか否かで口論になる。

「幼児虐待」「後味の悪さ」がミスティック・リバーと共通してる。
作者は、意図的にやってるんだろうね。

 

愛しき者はすべて去りゆく (角川文庫)
愛しき者はすべて去りゆく
(角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...