ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その41 » ハラスのいた日々

197 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/06(月) 18:51:15
火曜サスペンス劇場かなにかで、犬が年老いて死んでいくだけのドラマがありました。

犬の名前は、カラスだか、ハラスだったと思います。

実際に犬が死んだ側にしてみると、実に後味がわるいです。


207 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/06(月) 20:20:46
>>197
「ハラスのいた日々」って映画じゃない?
小説もってたけど結構感動物だったような記憶がある。

214 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/02/06(月) 22:23:36
ハラスのいた日々、火サス枠かどうかは覚えてないが
確かに2時間ドラマにもなっていた。
賢い柴犬ハラスとそれを我が子のようにかわいがる老夫婦が
微笑ましい、まあ感動ものだったわけだが
このドラマ版のラストって言うのが
ハラスを亡くした老夫婦が薄暗い室内で悲しみに暮れている画面。
それにスタッフロールをかぶせて終わり。
無理矢理明るくしろとは言わんが、
もうちょっと何とかできなかったのかと思った覚えがある。

 

ハラスのいた日々 [DVD]
ハラスのいた日々
[DVD](映画)
ハラスのいた日々 (文春文庫)
ハラスのいた日々
(文春文庫)(原作)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...