ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その44 » 地獄少女/第23話「病棟の光」

247 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/25(土) 19:42:36
アニメの「地獄少女」
毎回、酷い目にあわされた人が、自分も死後には地獄行きという条件で
恨みの相手を生きながら地獄へ流して貰うという内容。
ぼろぼろにされてやっと復讐しても、被害者も地獄行きということが後味悪くて見なくなっていた。
久しぶりにみたら、なんと、患者にも同僚にも好かれている
罪のない優しい看護婦が、見知らぬ男(ストーカー?逆恨み?)に地獄に送られていた。
地獄少女の手下が「人の恨みにはいろんな形があるから」といってたけど、
お前たちは依頼さえされたらなんでもほいほい地獄へつれていくのか?と
後味悪さが100倍増しになった。

255 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/25(土) 22:32:10
>>247
必殺仕事人の依頼人みたいなもんかね。
あれも毎回毎回死んでるが。
当案件を仕事人に置き換えれば南京玉すだれを責めるようなもので
反論権の無い下っ端どもを責めるのは酷だろうな。
人間世界ですら再審制があるんで地獄にも同じようなのがあるんじゃないの?

256 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/03/25(土) 22:45:25
>地獄少女
エコエコアザラクみたいな絵を想像して検索したら
意外と当世風でびっくりした。

不思議なショップに呪詛を依頼→依頼者もろともあぼーん
っていうパターンの話は昔からあるよな。なぜか癖になる。

 

地獄少女 8 [DVD]
地獄少女 8 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...