ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その46 » Y氏の隣人(吉田ひろゆき)

74 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/29(土) 01:37:49
自分も「Y氏の隣人」ネタで一つ。

あるところに、正義感の強い生真面目な少年がいた。
どんな小さな悪事でも見逃すことができない性格だった。
ある日、クラスメイトのカンニングの現場を発見し、
自首するように勧めるが逆にボコボコに殴られてしまう。
その時、「閻魔様の部下」と名乗る男が現れた。
その男は少年に「閻魔様の爪の垢が入ったお守り」を渡し、それを使えばいいことが起きると言う。
次の日、カンニングした少年にお守りを見せた途端、涙を流しながらカンニングしたことを恥じ、
翌日にはすっかり心を入れ替えて生真面目な性格になっていた。
それに味をしめた少年は、クラスメイト全員を生真面目な性格に変える。
そのクラスの模範生徒っぷりは、先生ですら気味が悪くなるほどだった。
そんなある日、クラスメイト全員で教室の掃除をしていると、
先生から「お前の父親が交通事故に逢って重態だ」という知らせを聞く。
少年は急いで父親の元へ行こうとするが、クラスメイトに止められてしまう。
「ダメだよ、掃除をさぼっちゃあ・・・」


75 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/04/29(土) 02:52:10
>>74
デスノートの魅上照みたいな少年だな。

 

Y氏の隣人 全19巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]
Y氏の隣人 全19巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...