ホーム » 小説 » 小説/あ行 » 愛する人に、きらめく死を(山崎洋子)

207 名前:1/3 投稿日:2006/06/19(月) 13:17:02
多分、山崎洋子の短編。かなりうろ覚えだが

主人公は仕事は成功しているが、夫婦仲は上手くいっていない。
夫とはろくな会話もなく、仕事の足を引張られ、喧嘩になる始末だった。

ある日夫は、お互い新しく生命保険に入ろう、と言い出す。
もしかして自分を殺す気なのだろうか、と疑う妻。
小さな事故などもあり、疑いは強くなる。
言い出した夫も挙動不信になっている。互いに牽制しあう日々が続いた。

妻は殺される前に、油断をさせて殺してしまえと考える。
手始めにおはよう、いってらっしゃい等、夫に笑顔で声をかけてみた。
始めは戸惑う様子を見せた夫だったが、1ヶ月もすると挨拶を返す様になった。

それからは会話も増え、夫婦仲も次第に良くなっていった。
夫は今までとは比べ物にならない位に優しくなり、
結婚する以前よりも愛し合う様になった。
幸せな生活を送るうちに、妻は殺す気など無くなってしまった。


208 名前:2/3 投稿日:2006/06/19(月) 13:21:25
夫はイマイチだったカメラマンの仕事も成功させた。
元々イケメンだったこともあり、その姿は魅力的だった。
仕事仲間の女性と話す姿に、自分とはもう釣り合わないのではないかと思う妻。

そんな折、夫は生命保険の掛け金を増やしたいと言い出した。
やはり夫は自分を殺すつもりだったのだ、と思うが憎しみは無く
むしろ愛する人の為に事故にみせかけ自ら死のうとさえする妻。

立ち寄った雑貨屋で、ガラスの砂が入った小瓶を見つけ、これだ、と思う。
家に帰ると、いつもの様に夫がコーヒーを入れてくれていた。
「綺麗でしょう、これ砂糖だと思うの。コーヒーに入れて」
そう言って小瓶を差し出した。
夫はいつもブラックだから、砂糖はいれない。
自分は砂糖だと思ってガラスを飲むのだから、事故死として処理される筈。そう考えていた。


209 名前:3/3 投稿日:2006/06/19(月) 13:22:50
しかし夫は間違えて妻のコーヒーを飲んでしまった。
止めようとしても既に遅く、青ざめる妻。
「生命保険の掛け金を増やしたんでしょう?」問い掛ける妻に
「うん、自分に掛けたよ」
そう答える夫。
「実ははじめに生命保険に入ると言った時、君に殺されるんじゃないかと疑っていたんだ。
 けれど君は笑顔で話しかけてきてくれた。なんて馬鹿だったんだろうって思ったよ」
これからも一緒に生きて行こう、そう笑顔で言う夫を呆然と見つめる妻。
「おかしいな、胃が痛い」そう言う夫を抱きしめ、水を飲ませる妻。
水に、残ったガラスの砂を混ぜて…
こんなつもりじゃなかった。この人を愛していた。そう思いながらも
そのお金があれば何ができるかしら、そう考えていた。

213 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/19(月) 15:51:21
砂粒状のガラスを飲んで人が死ぬものだろうか?
話の本筋とは関係ないが気になってしまった。

219 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/06/19(月) 18:12:30
>>213
コーヒーを飲んだ後
「お腹は空いてる?」
「朝からなにも食べてないからペコペコだよ」
ってセリフと

胃になにも入っていないから、洗浄する暇もなく直接胃に突き刺さってしまう

みたいな記述があった。
胃に直接ガラスが刺さったから死ぬのかは謎だけど

 

吸血鬼たちの聖夜(イブ) (文春文庫)
吸血鬼たちの聖夜(イブ) (文春文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...