ホーム » 小説 » 小説/な行 » 脳髄工場 (小林泰三)

237 名前:脳髄工場 1 投稿日:2007/01/08(月) 19:16:38
脳髄工場 小林泰三
犯罪抑止のために開発された「人工脳髄」。
健全な脳内環境を整えられることが証明され、いつしかそれは一般市民にも普及していった。
両親、友達、周囲が「人工脳髄」を装着していく中で自由意志にこだわり、装着を拒んできた少年。
そんな、少年がある日、同級生(人口脳髄装着者)から、お付き合いを告白されたが、
結局別れる。しかし、あるひ、その元彼女?と脳髄装着した親友の歩く姿を見て
ショックを受ける。
そして、成人して、ついに決心して人口脳髄をうけることにした。
その工房へ手術しに入ったものの、頭の形が特殊なので無理との事。

238 名前:脳髄工場 2 投稿日:2007/01/08(月) 19:20:29
しょうがないので、主人公は、本工場まで、交通機関を使い行く。
そこで、手術を受けようとしたものの施工者がどうも不慣れで怪しいので
逃げ出す。そこで、偶然にたくさんの中継テレビがある部屋を見つける。
主人公は、夢中になってその装置を操るうちにひとつのことに気が付く
それは、この装置が他人の人生を放映していることだ。
なんだこれは?と茫然自失しているところに、この装置の開発者の二人の
老人姉妹がやってきた。

239 名前:脳髄工場 3 投稿日:2007/01/08(月) 19:26:03
開発者の老姉妹によると、人生はすべてこの装置で定められており、主人公が来るのも
二人にはわかっていたとの事。
当然「そんなのは、うそだ」と、主人公は言い張るものの、ある提案を
老姉妹はする。それは、うそだと思うなら未来をこの装置で覗いてみたらというもの。
そして、例外なく未来を知ったものは後悔すると付け加える。。
結局、主人公は好奇心を抑えられずにそれからの人生を見てしまう。

240 名前:脳髄工場 4 投稿日:2007/01/08(月) 19:33:47
その後、主人公は、愛しているかどうかもわからない妻の隣で深いため息をつく。
あの、未来を示す装置によれば、主人公はこの後、会社で新プロジェクト
をまかせれるものの、失敗しまう。それがきっかけで、退職。
そして、転職先を見つけるものの仕事が忙しすぎ、それがきっかけで今の妻とは離婚してしまう。
そして、、決まりきった未来をそのままなぞるだけの人生が主人公は、むなしくて
たまらない。今、彼がたのしみにしている事は、この人生から開放されること。
つまり、死である。

241 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 19:38:01
乙。
しかし老姉妹は何者だったんだ?

243 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 20:08:35
>>241
人口脳髄の開発者です。

244 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 21:26:24
人口脳髄つけてももうどうにもならんの?
決められた人生と人口脳髄の関連性がよく分からんのですっきりしない
人口脳髄渋ってるうちにたまたま未来みちゃって取り返しがつかなくなったって話かな

245 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 21:26:42
>>243
それは分かるんだが、何のために未来を示す装置を作った(作れた)のかと。

246 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 21:44:56
説明しにくいが、人口脳髄によって、すべてが管理された社会だから
ということか?人口脳髄の施術者だけは、微妙な調整を行うのは生身でないと
難しいから つけてないという設定だが。

248 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 22:14:30
健全な脳内環境にして犯罪抑止→実は工房に決められた通りの行動で一生過ごす

ということで、見せられた未来は単に人工脳髄のプログラム内容なのかなと思ったけど、
主人公は移植してないんだよなー


249 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 22:26:50
ちゃんと補足になっているか不安だけど、>>238、>>239のあたり。

人口脳髄には、安定した社会を構築する為の、適切な未来のシナリオが送られ、
人口脳髄をつけた人々は、そのシナリオ通りに動かされている。
(逆に人口脳髄からは、付けている人に関するデータが送られてくる)
自由意志が蔑ろにされてる事に、怒りをおぼえる主人公に対し、
開発者の老婆達は、脳は特定の入力情報に対して、
一定の出力情報を与える一種の機械で、自由意志など存在しないと告げる。
人口脳髄を付けていない主人公の行動も、
周囲の人からのデータを解析すれば予測可能、と告げる老婆。
納得できない主人公は、自分のデータを調べるが、
自分の意思で行っていた行動が、全て予測可能な既定のものであり、
自由意志というものが、ただの錯覚であった事を知る。
さらに主人公は、自分の未来のデータを見てしまう。
自由意志を否定され、データ通りの既定の未来を続ける主人公(以降>>240)


251 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/08(月) 22:31:54
>>249
サンクス。理解した。

252 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/01/09(火) 00:40:19
おもしろかったよ
小林泰三は玩具なんたらとか、人間を無機質に捉えた作品が多いね

 

脳髄工場 (角川ホラー文庫)
脳髄工場 (角川ホラー文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...