ホーム » 小説 » 小説/か行 » 幸福通信(阿刀田高)

529 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/21(木) 12:07:48
もうひとつ阿刀田高「幸福通信」

主人公は、業績があまりよくない企業のサラリーマン。
しかし、自分の部は凄腕の部長のおかげもあり調子いい。
時期は、日本シリーズ。ある夜、主人公宅に電話が入る。
出ると、機械的な女性の声で、こういった。
「コウフクツウシンデス、ニホンシリーズハ○○ガカチマス」
奇妙な電話だな?と思いつつも、部内での賭けに言われたとおり
のチームに賭ける主人公。
その後も幸福通信により、競馬の着順などを次々とあてる主人公。
主人公の手元には、結構な額の現金が貯まっていた。
次第に幸福通信の信じ、頼りにする主人公。
しかし、その夜の幸福通信は違っていた。
「コレガ、サイゴノコウフクツウシンデス。コレカラ、イロンナ
 コンナンガアリマスガ、ノリコエラレルデショウ」
場面はかわる。
「もうこれが最後なのね?」疲れきった表情で受話器を置く女性。
「ああ君にもつらい思いをさせたね」妻をねぎらう男性。
男性の独白がはじまる。
うちの会社の業績は芳しくない。会社全体で人員整理を行っている。
調子のいいうちの部署にも、その波は押し寄せてきた。
なんとか粘ったが、一人のカットは避けられなかった。
部下は、みんな平等にかわいい。苦慮した挙句思いついたのが幸福通信だった。
日本シリーズの勝敗で半分、競馬のレースで何分の1‥
退職金はあまり出せないが、あいつ(主人公)も幸福通信でいくばくかの
金を手にしただろう。主人公にはこれからの人生がんばってほしい。


530 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/21(木) 12:10:40
凄腕の部長さんに予知能力があるってこと?

531 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/21(木) 12:33:24
>>529
詐欺の手口でも使われるらしいね
色々なパターンを複数の人に知らせて、的中した人にだけ次のパターンを告げる

532 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/06/21(木) 12:33:53
>>530
悪い説明下手だった。
部下が数十名いて、リストラ対象はひとり
で、日本シリーズ(A対B)の勝敗を部下全員に電話。
内容は”Aの勝ち”を半分の部下に、”Bの勝ち”をもう半分の部下に
勝敗で半数をふるい落とし、Aが勝てば
Aの勝ちを電話組‥リストラ対象継続
Bの勝ちを電話組‥リストラ対象外、当然Bが勝っていれば逆。
で勝った方全員に、別の賭け事を均等に電話。
四分の一の賭け事(あ、い、う、え)なら、前回勝ったAの組を四つに分け
あの勝ちに四分の一
いの勝ちに四分の一
うの勝ちに四分の一
えの勝ちに四分の一、で勝った組がリストラ対象継続。
これを継続する。
そして主人公は勝ち残り、リストラ対象の最後の一人になった。

 

白い魔術師 阿刀田高傑作短編集 ペダンティズム (阿刀田高傑作短編集) (集英社文庫)
白い魔術師 阿刀田高傑作短編集
ペダンティズム (集英社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...