ホーム » 小説 » 小説/た行 » ドラゴンライダー

933 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/06(金) 01:20:13
ドラゴンクエストⅣモンスター物語という小説に収録されている
タイトル忘れたがドラゴンライダーと言うモンスターの話。

貴族の護衛や魔物退治で賞金を得て暮らしているとある旅の剣士が立ち寄った村で
「山に住む魔物を退治したら5000ゴールド(この世界の通貨)を与える」というお触れを見つける。
食事中にお触れの事を宿泊先の宿屋の主人に聞くと魔物は2年程前から近くの山に住み着き、
入り込んだ村人を襲っている村の長は賞金をかけてこの魔物を退治しようとしたが、
退治に向かった者は誰一人戻ってこず、賞金が吊り上がっていった。
この間もある男が山に向かっていったが、結局戻ってこなかった。
この話をしていると、主人の娘が皿を落として割ってしまう。
剣士はその様子から娘が何か知っているのかと思い、食事が終わった後娘に話を聞く。
話によると、山に向かった男は娘の婚約者で近いうち式を挙げる予定だったという。
剣士は娘にその男はおそらく死んだだろうと言うと、娘は男は生きている気がすると返す。
なので、魔物を退治するなら男も助けてきて欲しいと頼まれる。


934 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/06(金) 01:20:43
次の日、主人の宿代先払いを求められそれに応じて山に向かい、奥に行くと洞窟に行き着いた。
洞窟に入ると人骨が転がっており、中には燐が燃えて光っている人骨もある。
そこには魔物と思われるドラゴンに乗った戦士が居て襲い掛かってきた。
魔物の乗っているドラゴンとの連携攻撃に苦労しながらも何とか倒すと、
主を失ったドラゴンは一目散に逃げ出すが気にも留めず魔物の兜を取るとそれは人間の男だった。
しかも、昨晩娘から聞いた男の特徴と一致する。

複雑な気持ちを抱きつつ男を埋葬し、村に戻ろうとするとあたりはすっかり夜になっていたので、
村に戻るのは明日にしようと山で野営する事にした。
魔物を倒したのはいいが、知り合った娘の婚約者を斬ってしまったことを悔やむが、
やはり村人たちを襲った魔物には変わりないと考えた。

しかし、ここで変なことに気付く。
魔物は2年前から出現していたのに、正体は数日前行方不明になった男だと。
出現した時期が合わないことに気付いた。
そのとき、辺りが霧に包まれ、先ほど逃げ出したドラゴンが現われる。
戦士はドラゴンに「お前の主人はもう死んだ、無駄な殺生はしたくないから立ち去れ」と言う
しかしドラゴンは「私が新しいお前の主人だ」と言い放ち、墓標を見せる。
ドラゴンこそ魔物本体で、腕の立つ戦士を見つけては操って自分の背中に乗せて下僕とし、
その戦士より強い戦士が現われたらその強い戦士を操って下僕としを繰り返していた。
前の下僕を倒した戦士も例外ではなく新たな下僕とすべく操りに来たと告げる。
戦士は幻術の一種だと一蹴するが、ドラゴンは別の墓標を見せる。
それは自分が倒した男の墓標で、ドラゴンは「お前が殺したのは同じ人間だ」と言い放つ。
剣士は違うと言い返そうとしたが、やはり複雑な気持ちのせいで言い返せずそこを漬け込まれて
ドラゴンに操られて新しい下僕となってしまった。

次の日、宿屋の主人はやっぱり剣士は戻ってこなかったか、まあ宿代は貰ってるからいいけどと言っている横で
娘は2人とも戻ってこないとは感じつつも待ち続けるのであった。

 

モンスター物語 (ドラゴンクエスト)
モンスター物語
(ドラゴンクエスト)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...