ホーム » 小説 » 小説/か行 » 黄いろのトマト(宮沢賢治)

634 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/28(金) 17:39:47
宮沢賢治 黄色のトマト

仲良く果樹園で暮らしているペムペルとネリの兄妹。
二人は畑にトマトを植えると、その中の1本に黄色のトマトの実がなる。
まばゆく光るトマトを見て、ぺムぺルはそれが黄金なのだと思ってしまう。
そんな時、風に運ばれた音に誘われて二人は出かけていく。
たどりつくと四角い家の中で楽隊が演奏しており、みんなが銀か黄金のかけらを
番人に渡してその中へ入っていった。
ペムペルは急いで果樹園に戻り、黄色のトマトを持ってきて番人に差し出す。
ところが番人は罵声を浴びせながら、その黄色のトマトを二人に投げつけた。
泣き出すネリ。それを見て、どっと笑いだす人々。
二人はそこから逃げ出し、まっくらな丘の間までくると、とうとう兄のペムペルも泣き出してしまう。
そして二人は家に帰っていった。おしまい。


635 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/28(金) 17:46:49
後味が悪いトマトだ

 

宮沢賢治全集〈6〉 (ちくま文庫)
宮沢賢治全集〈6〉
(ちくま文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...