ホーム » 小説 » 小説/か行 » 黒白の反転(今邑彩)

492 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/25(日) 09:02:42
なんとなく思い出した今邑彩の短編。

オールドミスの妹とひっそり暮らす往年の人気女優。
引退の理由は自らが運転する車で事故を起こし、恋人だった映画監督を死なせてしまったため。
そこへ映画サークルの学生たちが名女優にインタビューと称して訪問、結局泊まっていくことになる。
そこで学生間の痴情のもつれから殺人事件が起こったりなんだりするわけだが、
その辺は割愛して、ラストシーンの元女優の婆さんの回想が後味悪い。

実は、死んだ監督が想っていたのは女優ではなく妹の方だった。
それを知った女優は故意に事故を起こしたのだった。
「人生でただ一人、心から愛してくれた男がいたことさえ知らず、妹は老いてゆく…」

女の妄執・嫉妬ってこえぇ。


495 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/25(日) 14:55:43
>>492
>女の妄執・嫉妬ってこえぇ。

実際にあった出来事に対して言うならともかく、作り物に向かって何言ってるんだ。
まあ、ありえそうな事だからそういう話が作れるってのもあるけどな。

 

時鐘館の殺人 (中公文庫)
時鐘館の殺人 (中公文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...