ホーム » 小説 » 小説/か行 » 誤配メール(渡辺浩弐)

600 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/02(水) 23:32:58
渡辺浩弐のゲームキッズシリーズだね。

便乗して同じシリーズから一話。(タイトルは失念。)
主人公は若い男。
些細なことから、恋人とケンカしてしまい、別れることになった。
月日は流れ、別れた恋人のことも今では少し後悔している。
あるクリスマスの夜、手紙が1通届いた。
「あなたが必要です」
そこには短くその一言だけが書かれていた。
差出人は不明、なにかの間違いではないかと思いつつも、
まさか彼女から?と少し期待して久しぶりに彼女に連絡をとる男。
すると、なんと彼女のところにも、全く同じ内容の手紙が届いていたと言う。
お互い、誰から来たのかわからないと言う。
二人は驚きつつも、また昔のようにお互いを思いあうようになったのだった。


601 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/02(水) 23:56:37
どうやら、手紙は町中に届いていたらしい。
次の年のクリスマスも、またその次の年も、手紙は人々のところに届いた。
誰が、何の為にしているのかはわからない。
ただ、その手紙のお陰で自殺を思いとどまった人がいた。
絶縁していた家族と連絡をとった人がいた。
誰かが、作為的にやっているのはわかっている、それでも日々の生活に疲れはてた人々は
徐々に年に一度のその贈り物を、素直に楽しみにするようになっていたのだった。
誰でもいい、誰かに必要とされることほど満たされることはないのだから。
やがて主人公は、どうしてもこの贈り物の主に会いたいと思うようになる。
誰が、どんな気持ちで始めたのだろう?
様々な手段を用いてなんとか手紙の差出人を見つけ出した主人公。
それは、一人の著名な資産家の老人だった。
老人ホームにいる彼は笑いながら、これは私の酔狂なのだと言う。
誰にもその秘密は話さなかった主人公は、今年もあの手紙を待っている。
数日前の新聞に、あの老人が死んだことが載っていた。
これが彼の最後の仕事になっただろう。
そう思いながら手紙を待っている。
きっと町中の人々が不幸を、不安を忘れさせてくれるあの言葉を待っているに違いない。
そしてクリスマスの日。
手紙を読んだ主人公は、今までとは違う文面に、あの老人が本当にやりたかったことを理解したのだった。
あの金だけを信じ他人を虫けらのように扱って生きてきた老人。
そこには一言、こう書かれていた。

「お前は、もう不要だ」


602 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/03(木) 00:05:18
>>600

「あなたが必要です」と書いた手紙を見ても俺には思い当たる相手がいないorz


606 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/03(木) 00:21:31
>>602
お前が生まれてきたとき
少なくとも、カーチャンは嬉しかったんじゃね
世界中からいらない子と言われても、カーチャンにとっては
お前は必要な人間だろ

607 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/03(木) 00:47:31
今は違うだろうよ

608 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/07/03(木) 01:08:54
ひでえw

 

2999年のゲーム・キッズ 完全版 DX (講談社BOX)
2999年のゲーム・キッズ 完全版 DX
(講談社BOX)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...