ホーム » 小説 » 小説/わ行 » 別れの夢(星新一)

772 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 02:55:16
星新一の短編「別れの夢」

主人公の夢の中に、親友が現れる。
夢の中で彼は、寂しげに主人公に別れを告げて去っていく。
ハッと目が覚めた主人公は、これは親友が死んでしまったのかと気になり、彼の家を訪ねる。
あいにく親友は出張のため留守で、奥さんが対応してくれたがさっきも電話で話したとのこと。

それじゃああれは何だったのか、
やけに真に迫った夢だったが…と帰り道に考えていると唐突にその理由が分かる。
やはりあれは別れを告げる夢だったのだ。

その瞬間、主人公は急に飛び出してきた車に撥ねられて地面に転がった…


773 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 03:13:24
そんな日もあるわな

774 名前:本当にあった怖い名無し :2008/08/09(土) 03:19:29
>>773があっさりすぎてワロタw

 

未来いそっぷ (新潮文庫)
未来いそっぷ (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...