ホーム » 小説 » 小説/あ行 » イノセントワールド(桜井亜美)

211 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/26(金) 02:33:48
桜井亜美の、『イノセントワールド』
女子高生アミが主人公。
アミには知的障害者の兄、タクヤがいる(見た目はイケメンだけど中身は子供)。
家庭環境が良くないせいかアミは冷めきった性格であり、日常的に売春を繰り返している。
兄タクヤとも肉体関係を持っている。アミは、このタクヤとの行為で自分を支えているっぽい。

212 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/26(金) 02:38:56
途中、タクヤが変な女に誘拐されたり、アミがレイプされたり、、ドラッグも少々たしなみ、、

で、アミはタクヤの子供を妊娠する。。
さらに、アミは自分が人工受精によって生まれた子供だという事実を知る。
父親(精子の提供者)に会いに行き、なぜかこの父親ともパコパコ。

最後、アミはお腹の子供を産むことに決め、終わり。
読んだのがかなり前だから間違ってるところもあるかもしれない
てか近親相姦しまくりだし、やたらやってる場面多い。
後味悪いとは違うかもだけど、「本当にそれでいいの!?」と思った。


213 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/26(金) 03:06:26
すごい内容だな
携帯小説?

266 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/27(土) 00:33:25
>>211
携帯小説かと思ってググったら、竹内結子主演で映画化されてるんだね。
原作をどこまで忠実に作られてるのか気になる。

280 名前:本当にあった怖い名無し :2008/12/27(土) 02:57:06
>>266
竹内結子があの役を!!?

あってはならない…

 

イノセントワールド (幻冬舎文庫)
イノセントワールド
(幻冬舎文庫)
イノセントワールド [DVD]
イノセントワールド
[DVD](映画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...