ホーム » 小説 » 小説/か行 » 感謝祭の二人の紳士(O・ヘンリー)

980 名前:本当にあった怖い名無し :2009/02/04(水) 21:33:27
感謝祭の二人の紳士

ここ九年ほど感謝祭の日に、
男が決まった時間、決まったベンチに座っていると、
紳士が男を見つけ、感謝祭についての口上を述べ、
レストランに行き、自分は食べずに男にお腹一杯になるまでご馳走する、ということが恒例になっている。

男が今年も、そのベンチに行こうとしていると、途中でお金持ちの家に招かれお腹一杯ご馳走になってしまう。
お腹一杯で死にそうだったが、紳士をがっかりさせたくなくベンチに行く。
そしていつものように、一生懸命沢山すすめられるまま食べた

別れて少しして、男は倒れ病院に運ばれる・・・勿論食べすぎで、
少しして、その病院に紳士が運ばれてくる・・・餓死寸前で。

 

賢者の贈りもの (ポプラポケット文庫)
賢者の贈りもの
(ポプラポケット文庫)
O・ヘンリー・ミステリー傑作選 (河出文庫)
O・ヘンリー
ミステリー傑作選 (河出文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...