ホーム » 小説 » 小説/か行 » コンスエラ(ダン・ローズ)

947 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/05(木) 20:10:10
「コンスエラ」という短編
農家の娘コンスエラが金持ち青年に見初められる。
彼女は結婚を渋っていた青年の親ですら一目見ただけでニッコニコにさせるほどの美少女。
でも青年が自分を愛してるのは外見が美しいからだけだと思い込み、
徐々に自分の外見を破壊するようになる。
ブクブク太って風呂にも入らず悪臭を撒き散らしながら、
愛しているなら平気でしょ、やっぱり見た目しか愛してないのね、と青年に言い放つ。
どんどんぶっ壊れていく妻に悩み、元婚約者と浮気しそうになったりするがぐぐっと堪える青年。
その日も青年は家に帰ると太りすぎてほとんど動けなくなり、身体のしわに垢がぎっしり詰まり、
糞尿すら垂れ流す妻を抱きしめて、自分は本当にこの妻を愛していると確信した。

まあ本人達がそれでいいならいいんだけど…

 

コンスエラ―七つの愛の狂気 (中公文庫)
コンスエラ―七つの愛の狂気 (中公文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...