ホーム » 体験談 » その他体験談 » 血液検査

173本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 15:46:02.34
ちょっとだけ後味が悪い話
うちの叔父がバツイチで、その理由が子供が自分の子供じゃなかったから。
40年ほど前に子供が生まれてすぐ血液型を検査してもらったら
自分と嫁から生まれるはずのない血液型で、嫁を何度も問い詰めても
嫁は「浮気はしてない」「何かの間違いだ」の一点張りで、結局間に人を入れて離婚成立。
嫁も子供も裸同然で放り出されたらしい。

一昨年、俺も子供ができてその時に子供の血液型を聞いてみたら
看護師さんに
「生まれてすぐは母親の抗体が移行しているので(ここら辺ちょっとうろ覚え)
 検査の結果が不正確なこともあるため、うちではやっていません。
 正確な血液型が知りたければ、生後1才近くになってから、病院でやってもらってください」
と言われた。

そういや、俺の知り合いにも小さい頃親から知らされた血液型と
実際大人になって手術の時に調べた血液型が違ってた奴いたな、
これが原因なのかーと思ったんだが
もしかして叔父はここら辺のこと知らなかったんじゃなかろうか?と
実際、俺でも知らなかったし、当時生まれてすぐ検査していたってことは
そういう知識が医療業界でもなかったのかもしれない

実際、もう離婚した叔父の奥さんとも子供とも連絡とれないし
今さら検査しようもないしどうしようもない話だけど、
もしそうだったら、そのせいで人生大幅に狂ったんだよな…


176本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 16:16:28.61
>>173
ちょっとだけじゃなくてエライ後味の悪い話だね…

確かに親に知らされていた血液型と、大人になって調べた血液型が違ってたって人、わりといる。
恐らく昔は医者にもそういう知識がなかったんだと思うな。


231 本当にあった怖い名無し:2013/06/08(土) 19:37:35.83
>>173
横山秀夫の「臨場」の一遍にそんな話があったな

夫婦の血液型からは明らかに産まれないはずの血液型の子供が産まれてしまい、妻を責めた挙句離婚に至り、
自分も女性を信じられなくなってホームレスにまで落ちた男が居たんだが、ある時
「DNA鑑定では親子とはっきり分かるのに、血液型だけを見ると他人と鑑定されるケースがある」
という話を新聞記事で知る、という
話の筋はもっと複雑だけどこの辺の話を見ると実はこの手の悲劇って他にもあるのかもね

 

臨場 (光文社文庫)(関連書籍)
臨場 (光文社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...