ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その141 » ネメシスの夜 復讐の女神(松本洋子)

895本当にあった怖い名無し:2013/08/17(土) 04:11:10.58
大昔友人の家で読んだなかよしの読み切り漫画「ネメシスの復讐」(だったかな?)
細かい部分は色々うろ覚えだけど大筋とオチは合っていると思う

主人公はエスカレーター式の高校に入った庶民女子高生。
そこは金持ちの偉そうな坊っちゃん嬢ちゃんの多い学園だったが、
大人しくて優しいA子と仲良くなる。

夏休みに入り、A子からB子の家の別荘に一緒に行かないかと誘われる。
一緒に行くメンバーは
B子…典型的美人だけど意地悪我が儘お嬢様、
C男…同じく親の権力を鼻に掛けた傲慢野郎だがB子にベタ惚れで従順、
D男…C男より多少マシな程度の嫌味野郎、
E男…主人公と同じく外部受験組。クールな性格。
A子とは本来仲良くなりそうもない連中なんだが、
親同士が仕事上で接点があるため、中学時代からずっとつるんでいる。

B子の別荘は絶海の孤島にあり、他には誰もいない。
数日間外部との連絡を断ち主人公たちだけが過ごす。

B子別荘のエントランスには
ギリシャ神話っぽい女神の像があり、B子は講釈を垂れる。
曰く、その女神はネメシスといい復讐を司る。
皆もそれぞれ人から恨まれたりするような事が一つ二つとあるでしょ?
もしかしたらそんな人の前にはネメシスが復讐を果たしにやってくるかもね♪
主人公は素直に感心して聞き、他の取り巻きどもはニヤニヤしているが、
隣のA子は異様に怯え「もう止めて!」と叫ぶ。
「冗談よ~」「A子はマジびびりだなぁw」とか冷やかす。

そんなこんなで遊んで騒いだその夜、B子の死体が発見される。
「本当にネメシスが復讐にきたんだわ!」と怯えるA子は引きこもりやがてC男も殺害される。
主人公はA子に何故そんなに怯えるのか、何かあったか聞き出す。

実はA子たち4人は中学時代ある女生徒F子をいじめていた。
(四人がF子を押さえ付け跪かせ和式トイレに頭を突っ込んでいる描写あり)
やがてF子はいじめを苦に自殺するが、F子の家が庶民だった事もあり
四人は金や権力で事件を揉み消していた。
B子たちは全く反省もなく、玩具が壊れちゃった程度にしか考えていなかったが
A子はいじめに乗り気なく、でも親の関係でB子らに逆らえずずっと気に病んでいた。
そのためにネメシスが復讐にきたんだと本気で信じていたが
主人公はそんなものがあるはずないと独自に調査をはじめる。


896本当にあった怖い名無し:2013/08/17(土) 04:13:56.73
結果E男がD男を殺害し死体を運ぶとこれを見つけてしまう。
主人公にばれても「あー見つかっちゃったか」と悪怯れる様子もないE男。

実は自殺したF子とE男は双子の兄弟だったが、両親が離婚して
それぞれ別の親に引き取られていたため名字が違っていた。
F子のいじめによる自殺を知ったE男は復讐のために学校に乗り込みB子らに近づいた。
首尾よくB子グループに入ったE男はB子らが最近A子と仲の良い主人公を
からかいいびってやろうと目論んでいる事を知り今回の旅行計画を立てた。
孤島とネメシスの話を持ち出しB子に講釈させたのもE男で
次々ネメシスの呪い()によって殺害されたふりをしてびびる主人公を
ドッキリ的に盛大にpgrするつもりだったのだがE男に本当に殺されてしまっていたのだった。

E男の告白を聞いて呆然とする主人公。
そこへ話を聞いていたA子がやられる前にやる!とE男に包丁を突き立てるも
A子も直後に女神像に下敷きになったかなんかで死んでしまう。
E男は「ネメシスは本当にいるのかもな。俺もまた復讐されたわけだ」と言い残し死亡。
主人公一人が生き残り、そこへ迎えの連絡船が来たのだった。

主人公がものすごくとばっちりなのはいいとして、
兄弟の復讐をしたE男もまた罰を受けるのがもやもや。


897 本当にあった怖い名無し:2013/08/17(土) 04:52:03.34
これ確実に主人公が殺人犯にされるよね

 

見えない顔 2 (講談社コミックスなかよし)
見えない顔 2
(講談社コミックスなかよし)
見えない顔 全2巻完結 (講談社コミックスなかよし) [マーケットプレイス コミックセット]
見えない顔 全2巻完結
(講談社コミックスなかよし)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...