ホーム » 小説 » 小説/か行 » 獣の奏者(上橋菜穂子)

790本当にあった怖い名無し:2013/11/10(日) 15:57:16.54
獣の奏者

序盤で主人公の母親が、罪を着せられて処刑されかけるんだが、
(処刑方法は石を縛りつけて池に沈め、巨大な蛇みたいな獣に引き裂かせるというもの)
幼い主人公が重い短刀を持って必死に泳いで母親を助けにいく。

ふたりでなんとか縄を切って逃げようとするんだが、
すでに獣に囲まれていて、このまま喰われるしかない状況。
そのとき、母親は指笛を吹いて獣たちを操り、主人公を獣に乗せて逃がす。
母親の姿は獣に飲まれて消えてしまう。

のちのち、主人公が
「どうして母さんはわたしと一緒に逃げてくれなかったんだろう」
ということを思い悩み、
実は母親は獣を操る技術を持つが、
災いを招くからとその技術を封じて生きている一族の一員だったことから、
「わたしと生きることよりも掟に殉じて死ぬことが大事だったのだろうか」
と考えている。

だが、主人公は知ることはないが、
池に投げ込まれる前にすでに母親は獣を呼び寄せるために
腹を深く刺されており、もう命はわずかだった。
だから、娘を守るためだけに指笛を吹いて戒めを破ったのだ。

主人公が永遠に知ることはないってところが後味悪い


794本当にあった怖い名無し:2013/11/10(日) 18:49:03.78
>>790
しかも、本来なら母親は死ぬ必要は無かったって事が、
後になって判明するのが更に後味が悪い。

主人公は色々とあって、獣(この国では重要な兵器)の医者になり、王の側近に。
国王夫婦に母親の事を話したら、武人上がりの国王が
「あの罪(母親は重要な兵器である、獣を死なせた責任をとらされた)の処罰は、
 責任者の片腕を切り落とすってのが、法で決まっている」
「何で、勝手に死刑にしたんだ?」

で、調べてみたら。
やっぱり本来は片腕切り落とし程度だったんだけど。
主人公の故郷は田舎だったもんで、その地方の支配を任された役人が、勝手に厳罰化。
何時の間にか、死刑にまでエスカレート。

主人公の話しを聞いた王が、調査を入れたものの。
当時の担当者は既に亡くなっていて、今更責任は問えない状態に。

結局、王が改めて「死刑じゃなく、片腕切り落としの刑」の布告を出し、
徹底させるしかなかった。


797 1/2:2013/11/10(日) 20:50:24.85
獣の奏者

母を喪い満身創痍で流れてきた主人公をひろった(元)教師の話。
かつて学び舎で教鞭をふるっていたころ、あるふたりの学生がいた。
片方は、豊かな家の出ではないが、頭脳明晰で明るい子。
片方は、高級官僚の息子で、平気で嘘をつき、他人を陥れるような子。
教師は、どうしても高級官僚の息子を好きになれなかった。

高級官僚の息子は、父親と同じ高級官僚になることを目指していたが、
最終試験の成績は基準に遠く及ばなかった。
明るい子の成績は、最高得点で、彼も高級官僚を目指していた。
この成績ならば、明るい子は間違いなく高級官僚になれる。

試験結果発表の前夜、
高級官僚の息子が父親に伴われて教師を訊ねてきた。
曰く、明るい子が高級官僚の息子を脅した。
よい成績を取ったら、かつての嘘をばらすと言った、と。
教師は内心で一笑に付し、父親の手前だったのでやわらかく、
そんなことはありえないと言った。
父親は息子が嘘をついているというのかと激怒し、
明るい子を落として息子を合格点にしろと言ったが、
教師は要求を受け入れなかった。


798 2/2:2013/11/10(日) 20:51:41.30
その夜、高級官僚の息子は自殺した。
父親は、教師が信じなかったことに絶望し息子は自殺した、
特定の学生を贔屓する教師など教師にふさわしくないと訴え、
これを上も無視できず、教師は罷免された。

元教師は言う。
いまでも高級官僚の息子はあて付けで自殺したのだろうと思っている。
しかし、残酷な嘘をつき、肥大した自尊心を抱え、他者を傷つける、
そんな者をこそ教え導くのが教師の務めだ。
自分は、明るい子=優秀な子を守ることには尽力したが、
高級官僚の息子は嫌って、見捨てた。
しかし、たとえ神々が時間を戻してくれると言っても、
自分は同じことをして、高級官僚の息子を見捨てるだろう。
罷免されたことよりも、自分のそういう心に気づいて愕然とした、と。


816 本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 08:42:24.96
>>798
原作知らないけど、これ読んだ限りでは
高級官僚の息子の言うことが本当で
明るい子が実は悪い奴な気がするなあ

842 本当にあった怖い名無し:2013/11/12(火) 01:35:35.93
「獣の奏者」のラスト

その世界では巨大トカゲが戦争用の騎獣兼兵器として用いられている。
しかし王獣と呼ばれる巨大な空飛ぶラブ犬みたいなのがそのトカゲを戦闘不能にできる。
主人公のエリンは人の言う事をきかない野生の王獣を操ることができる
特別な能力の持ち主であるため、権力者にそれを利用されそうになる。

物語の終盤には結婚し一子を設けていたエリンだがまたしても戦争に巻き込まれ、
王獣に乗って戦うが、所詮は人に支配されない獣、エリンの制御を振りきって暴れまくる。
エリンは責任をとり飛行中に王獣の動きを止める笛を吹いて
諸共に落下し、王獣は死亡、自分も数日後に息を引き取った。

あれだけ誰よりも王獣の自然のままの姿を重んじていたエリンが
人間の都合で王獣を戦争に駆りだした挙句墜落死させるというのが勝手すぎる。


849 本当にあった怖い名無し:2013/11/12(火) 19:21:43.78
獣の奏者は王獣のビジュアルがまさに羽の生えた二足歩行の犬で吹いた。
空飛ぶ交尾シーンとかNHKらしからぬ冒険だった。
前半の牧歌的なイメージが、母親の処刑シーンからガラッと変わるのもキツい。

850 本当にあった怖い名無し:2013/11/12(火) 20:00:17.68
何か主人公の女の子の腕ふっ飛んだりもしなかったっけ獣の奏者

 

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
獣の奏者 1 闘蛇編
(講談社文庫)(全4巻+外伝)
獣の奏者 完結セット 全5巻
獣の奏者
完結セット 全5巻
獣の奏者 エリン Blu-ray Disc BOX 1
獣の奏者 エリン
Blu-ray Disc BOX 1(全2巻)(アニメ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...