ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その145 » 殺されるならいっそ、桜の木の下で(桜田雛)

717本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:08:28.01
少女漫画だけど桜田雛の「殺されるならいっそ、桜の木の下で」
友達の家で一回読んだだけでうろ覚えだから大分間違っているかもしれないけど。

主人公のA子のもとに親友のB子から「逃げて」というメールが届く。
B子に電話かけてみたが応答はない。
不審に思いつつもA子はあまり気にせずにいた。

翌日A子が学校に行くと校舎の前に人だかりができており、
近くにいた生徒に話を聞くと、昨晩B子が屋上から飛び降り自殺をしたらしい。
昨日のメールを真面目に受け止めていればB子は死なずに済んだのかもしれないと
後悔するA子に、警察が事情聴取を求めた。
B子のツイッターに「A子が憎いA子が憎いA子が憎い…」と140字分ぎっしりと書かれた
ツイートが見つかり、警察はA子からのいじめを苦にした自殺ではないかと疑っている。
もちろんA子には全く心当たりがない。

疑いはすぐに晴れるだろうと思っていたが、
「A子がB子を虐めて自殺に追いやった」「A子がB子の彼氏を奪った」
と至る所で根も葉もない噂が広がってしまった。


718本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:11:52.17
しかし、B子の彼氏であるC太だけは噂を信じずにA子を庇って屋上へ連れて行く。
A子は何故自分を庇ってくれたのかとC太に問うと、
「A子ごめん。あいつが死んだのは俺のせいだ。
 俺がA子を好きって言ったから、アイツは自殺したんだ!」
とA子に告白した。
けれどもA子は親友の彼氏を奪う真似は出来ないとC太に告げた。

B子が自殺してからA子は周囲から孤立してしまったが、
C太だけはA子の傍にいて彼女を支えていた。
すると「やはり彼氏を奪ったのは本当だった」と周囲の女子からの虐めは更にひどくなった。
特にD子は廊下ですれ違うたびにネチネチと暴言を吐いたりした。
C太はA子を仲の良い男子のグループに引き入れ(男子は噂をそこまで信じていなかった)
一緒に過ごすことで、次第にA子もC太に心を開くようになった。

数日後、A子を執拗に虐めていたD子が水死体で発見された。
現場の状況から橋から飛び降り自殺をしたものだと思われた。
D子の死によりA子のいじめも次第になくなっていた。

文化祭の日、A子はC太に文化祭が終わったら学校の桜の木の下に来てほしいと言われる。
その桜は願い事をすると叶うという伝説がある桜の木だった。


720 本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:24:23.02
文化祭が終わり、A子が桜の木の下に向かうと人だかりと警察の姿がある。
嫌な予感がして警官の制止を振り切り木の前に来るとそこには首を吊ったC太の姿があった。
呆然とするA子に警官の一人がC太の遺書を手渡した。

ここで話は過去にさかのぼりC太視点になる。
C太は転校生としてA子の通う学校にやってきた。
美少年でコミュ力の高いC太はすぐに人気者になった。
何もかも恵まれているように見えるC太だったが、家庭は崩壊寸前で、
暴力的で浮気性の父と、そんな父のせいでヒステリー気味になった母がいたのだ。
家庭の問題で心が荒みきったC太はひょんなことからA子に出会い一目惚れをする。
それからC太はずっとA子を思い続けついには盗撮まで行うようになる。

ある日C太はクラスの男子と初体験について話していた。
C太は外見似合わずDTだというと、それを聞きつけたB子がC太にせまる。
彼は不本意ではあったが承諾し、2人は事を行った。
するとB子は「体の関係があったという事は付き合うという事」と無理やり付き合い始めた。
C太の心がA子にあることを知っていたB子はA子を憎むようになり、
A子の前でわざとイチャつき付き合っている事をアピールするようにした。
C太はそんなB子に嫌気が差し抱くときは常にA子だと思い、盗撮も続けていた。

ところがついにB子に盗撮した写真がバレてしまった。
B子は夜の屋上にC太を呼び出し、
「A子にC太の本性を全部バラして飛び降りてアンタに人殺しの罪を着せる」と言った。
ただのはったりだったが、C太に携帯を奪われた拍子にB子はバランスを崩し落ちてしまった。

C太はB子のアカウントで「A子が憎いA子が憎いA子が憎い…」とツイートし、
A子が疑われて周囲から孤立するように仕向けた。
案の定A子は1人になり、C太はA子に取り入ることに成功した。
しかし、いじめの主犯格のD子だけはC太の様子を不審に思い、
C太の本心を問いただしているうちに揉めてC太はD子を川に突き落としてしまった。
自分の本性を隠すために2人もの人間を殺めてしまった事がC太の心にのしかかり、
彼はいつかA子に自分の歪んだ性癖がバレて嫌われてしまうぐらいなら
すべてを告白して死ぬことを選んだ。


721 本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 19:27:40.55
この話のあとにD子視点の番外編も続く。

D子は中学校時代根暗で虐められ、ストレスから万引きを行うようになった。
D子の万引きの現場を偶然見かけたB子は
今まさにD子が鞄に入れようとしていたキーホルダー奪い、会計してしまう。
呆然とするD子に「これ欲しかったんでしょ?。私も同じの持ってる」
と笑顔でキーホルダーを渡した。
このことがきっかけでD子はB子と親しくなり、友達以上の感情を抱くようになる。

ところがクラスが変わりB子はA子と仲良くなった。
D子は美人のB子にはA子みたいな子がふさわしいんだと距離を置くようになる。
けれどB子は、外見を気にしてD子が離れていたことに気付き、
「D子は可愛いよ。可愛い私の一番の親友だよ」と言って抱きしめた。
D子は抱きしめられながら、何があってもB子の傍にいようと心に決めたのだった。

もっと色々とC太とA子の間には父親絡みで何かあった気もする。
切ないというよりただただ胸糞悪い。
桜田雛の短編集は普通の恋愛ものもあるけれど後味が悪い話も多い。
良くも悪くも人を選ぶ漫画を描く人って感じ。

 

殺されるなら、いっそ桜の木の下で (Cheeseフラワーコミックス)
殺されるなら、いっそ桜の木の下で
(Cheeseフラワーコミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...