ホーム » 小説 » 小説/な行 » 眠れ我が子よ(谷川俊太郎)

738 名前:720 投稿日:02/07/18 13:15
連続ですみませんが、これも思い出したので・・短編小説(SS?)
—————————-
ある冬の日、母親が赤ん坊と留守番している家に強盗が入り
強盗は母親だけ柱に縛り付けて金品を奪って出て行く、その後の話。

母親は必死で縄を解こうとするが難しく、
猿轡もされており声も出せない。
赤ん坊はハイハイするようになった頃で
現在の状況など知ることもなくあちこち這い回っている。

赤ん坊はそのうち座っている母親に近付き、
ひざによじ登って顔を撫で始める。
無邪気に母親の目を突いたりする。
母親はどうすることも出来ない。

そのうち飽きたのか赤ん坊は離れて移動する。
母親はホッとするが、
赤ん坊の向かった先は
部屋のまん中で赤く燃えている石油ストーブ。
母親の目の前で赤ん坊はストーブに手を掛けゆらゆら揺らしだす・・
—————————-

 

ペ ショートショート集 (ランダムハウス講談社文庫)
ペ ショートショート集
(谷川俊太郎)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...