ホーム » 小説 » 小説/な行 » 沼(小松左京)

290 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/22 08:59:02
A氏の家の近くにはDという大きな沼がある。
ここには嫌な思い出があった。
小学生の頃、一緒に遊んでいたB君という友達が、
沼に落ちて溺れ死んだのだ。
「助けてーーっ! 助けてよーーっ!!」
というB君の悲痛な叫びが未だに耳を離れない。
ある夜、A氏が仕事帰りにその側を通りかかると、
バシャバシャという水音が聞こえてきた。そして、
「助けてーーっ! 助けてよーーっ!!」
という子どもの声が・・・。
(B君だ!)
とっさにA氏はそう思った。
(ごめん、ごめんよB君)
心の中で謝り続けながら、沼を後にするA氏。
やがて帰宅すると、妻が真っ青な顔で飛び出てきた。
聞くと、小学生になる息子のCが見当たらないのだという。
「さっき、D沼に行くといったまま帰ってこないのよ」
沼の側で聞こえたあの声は・・・。

小学校の頃読んでしばし鬱になった話。


291 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/22 09:46:43
自分の子供の声ぐらい覚えとけよ

 

夜が明けたら (ハルキ文庫)
夜が明けたら
(ハルキ文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...