ホーム » 小説 » 小説/か行 » 源氏物語(宇治十帖)

707 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/27(火) 12:02:12
源氏物語宇治十帖

稀代の美男子・光源氏が死んでのち、孫世代くらいのお話。
みんな平安貴族。
次の皇太子になる予定のイケメン遊び人と、
こちらも身分高いイケメンヒッキー君の、二人の親友がいた。
超モテの彼らは、ある姉妹に惚れる。
遊び人が惚れた女は、妹子ちゃん。ヒッキー君が惚れた女は、姉子ちゃん。
遊び人は妹子ちゃんをレイプ。心労で姉子ちゃんが若死にしてしまう。
ヒッキー君、泣く。そこへ、姉妹の身内の、「姉にそっくり子ちゃん」が登場。
ヒッキー君が、そっくり子ちゃんをレイプ。いなかに囲って隠しておく。
妹子ちゃんと結婚したはずの遊び人がやってきて、そっくり子ちゃんをレイプ。
二人のイケメンが交互に通ってくるので、悲喜交交のそっくり子ちゃん。川に身投げ。
嘆き悲しむイケメンたち。
しかし実はそっくり子ちゃん、怖くて身投げできなかった。よそんちに拾われて尼さんになったよ。

おしまい


726 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/27(火) 17:37:14
つーか源氏物語の男女関係はほとんど始まりがレイプジャマイカ。
光源氏と紫の上の結婚も幼女レイプ。

727 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/27(火) 17:51:07
だが、それがいい。

728 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/09/27(火) 17:51:06
>>726
イヤ誘拐しただけでヤッたのは年頃になってからでは?
どっちにしろ犯罪だが。
光源氏って最後どうやって死ぬんだっけ、自殺?

 

源氏物語―付現代語訳 (第8巻) (角川ソフィア文庫)
源氏物語―付現代語訳 (第8巻)
(角川ソフィア文庫)
源氏物語―付現代語訳 (第9巻) (角川ソフィア文庫)
源氏物語―付現代語訳 (第9巻)
(角川ソフィア文庫)
源氏物語―付現代語訳 (第10巻) (角川ソフィア文庫)
源氏物語―付現代語訳 (第10巻)
(角川ソフィア文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...