ホーム » 小説 » 小説/な行 » 乗越駅の刑罰(筒井康隆)

781 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/30(土) 02:20:15
七瀬っつーか筒井の小説は全て生理的嫌悪感だ。

一番生理的に受け付けなかったのは、青年?オッサン?が久しぶりに実家に帰る短編。
駅員に理由もなく怒られて村人や親にも意味もなく嘲笑されて、
殴られてぼこぼこにされて最後は猫を煮込んだスープ?を食わされる。
全編弾けていて胸がムカムカした。


783 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/30(土) 09:11:02
>>781
「乗越駅の刑罰」やね。
あれは、主人公は電車賃をごまかそうとしたんだから
「理由もなく」怒られた訳じゃないんだけど…
という揚げ足取りはともかく。

たしかに後味悪かったなー。
最後、なんか知らんけど人間の格好した猫が唐突に現れて
「うちの子供知らないか」と言ってきて
駅員や家族が一斉に主人公を指して「スープにして食ってしまいました」と言って
その猫が驚いて自分を睨んで来て、
猫の瞳に映る自分の顔には死相が現れていた…とかいう終わり方だったよね。

実際に自分は悪いこと(不正乗車)をしようとしていたので、
その引け目から、強いことが言えないという点も怖さの一因だったと思う。

 

懲戒の部屋―自選ホラー傑作集〈1〉 (新潮文庫)
懲戒の部屋―自選ホラー傑作集〈1〉
(新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...