ホーム » 小説 » 小説/は行 » 深爪(中山可穂)

246 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/25(土) 08:54:50
レズ小説で、奥さんがレズと駆け落ちしちゃって、
夫は残された息子を一人で育てる事を決意する。
だが仕事仕事でかまう事が少なかった息子は
夫を怖がり泣くばかりでまともな子育てなどできない。

ある日夫は奥さんの事を思って奥さんの残した服を抱きしめて泣いていたところ、
息子は何故かご機嫌で夫のそばにきた。奥さんの残り香のある服を抱きしめていたからだった。
夫はそれから、妻の残した服を身につけ、妻の香水をつけ、
息子は妻の頬の化粧の感触すら好いていたようだから化粧もするようになった。
そんな姿をする事で息子はやっと泣かないようになり、
夫自身も妻そのもののようになった自分の姿を鏡で見るたび安堵するのだった。

という話を何故か思い出した。


249 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/25(土) 10:28:39
犬みたいな息子だね

 

深爪 (集英社文庫)
深爪 (集英社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...