ホーム » 小説 » 小説/は行 » 飛躍への法則(星新一)

746 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/07(金) 17:30:20
タイトル忘れたけど星新一

突然都市の上空にUFOが出現し、「我々を攻撃してみろ」と呼びかけてきた。
そこで地球人がライフルや野戦砲やあげく核まで持ち出して攻撃しても、UFOはびくともしない。
やがて宇宙人が降りてくる。地球人はもてなしをする。
だが、宇宙人は地球の最高の料理や酒を口に入れてもすぐに顔をしかめて吐き出し、
地球最高の音楽を聴かされると耳をふさぎ、地球最高の絵を落書き呼ばわりし、
地球最高の精密機械工場を見ても、「どうしてこんなに子供のおもちゃを作っているのか」という。
そこで地球側が文化の交流をしようと言いだしても、
「こんな程度の低い文化と交流するつもりはない」と吐き捨て、
自分の星の場所を教えて「悔しかったら来てみなさい。無理だろうけど。」
という捨てぜりふを残して去っていった。

この後いろいろあるんだけど、ここだけ読むと後味悪い。


749 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/07(金) 17:41:50
>>746
その先を書かないのが一番、後味悪い。

753 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/07(金) 17:51:21
>>746
それ読んでないけど

「それで腹を立てて奮起した地球人が
 文明も文化もガンガン発達させて
 その宇宙人に会いに行ったら

 よく頑張ったね
 そうなることを見越してわざとつらく当たったのです
 許してください

 とか言われて地球人感激」

みたいな話じゃないかと予想
それはそれで後味悪いと言えば悪いな


756 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/12/07(金) 18:12:25
>>753
だいたいそんな感じだが、落ちが

ようやく宇宙人の星にたどり着いたが、その宇宙人たちの文明はすっかり衰退していた。
そこで地球から来た探検隊が宇宙人を罵倒した
「こうしておけば発憤してくれるだろう。そうすれば、やがて地球が衰退したとき、
 また活を入れてくれるだろう」

 

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)
だれかさんの悪夢 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...