ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » わにのバンポ(大石真)

131 名前:本当にあった怖い名無し :2009/10/07(水) 19:04:10
ワニのバンボ(?)

小学校低学年の教科書の話。
主人公のワニのバンボは食後に口を開けて、お友達の千鳥を待つ。
彼女に歯についた食べカスを掃除してもらうのが日課だった。
その日も千鳥に歯を掃除してもらってると、あまりの気持ちよさに眠ってしまい、
気が付いたら千鳥を飲み込んでしまっていた。
バンボは慌てて千鳥を救い出す方法求めて、物知りのフクロウを訪ねる。
フクロウから苦い薬草を食べるとよいと教わり、探して来て勇気を出して苦い薬草を飲み込む。
暫く待ってると、無事に千鳥が口から吐き出された。
ラストは千鳥と周囲の動物達に感謝され、勇気を称えられてエンド。

てめえの蒔いた種のリカバリをしただけで、何故に英雄扱いされるのか?当時子供ながらに思った。

 

わにのバンポ (おはなし名作絵本 10)
わにのバンポ (おはなし名作絵本 10)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...