ホーム » 小説 » 小説/な行 » ねむい(チェーホフ)

242本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 23:08:26.75
創元推理文庫で昔読んだロシアの短編を思い出した。

まだ十代前半の女の子、
子守兼雑役女中として地主様のお屋敷に奉公している。
赤ん坊はよく泣く元気な子で、
奥様も他の奉公人も赤ん坊が泣くたびに女の子を厳しく責める。
一番下っ端なので、一日中こき使われて
倒れ込むように台所の床に寝ても、朝早くに叩き起こされる。

女の子、疲れきってフラフラになり、
つい赤ん坊を台所の床に叩きつけて死なせてしまう。
で、やっと静かになったわァ…!ってスヤスヤ寝るの。


243本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 23:29:28.88
ロシアならしょうがないな

244 本当にあった怖い名無し:2014/02/02(日) 23:35:37.01
チェーホフ「ねむい」だな。
「子守歌」って訳で創元のミニミステリ傑作選ではあったが

 

馬のような名字 チェーホフ傑作選 (河出文庫)
馬のような名字 チェーホフ傑作選
(河出文庫)
ミニ・ミステリ傑作選 (創元推理文庫 104-24)
ミニ・ミステリ傑作選
(創元推理文庫)
新訳 チェーホフ短篇集
新訳 チェーホフ短篇集


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...